令和元年度 未払残業代の是正結果

2020/10/28

令和元年度に労働基準監督署が行った監督指導の結果が公表されました。

不払いとなっていた残業代が支払われたもののうち、支払額が1企業で100万円以上となった事案が取りまとめられたものです。

1.是正企業数  1,611企業

  うち、1,000万円以上の残業代を支払ったのは161企業

2.対象労働者数 7万8,717人

3.支払われた残業代合計額 98億4,068万円

4.支払われた残業代の平均額は、1企業当たり611万円、労働者1人当たり13万円

 

監督指導の対象となった企業では、タイムカードの打刻時刻やパソコンのログ記録と実働時間との隔たりがないか定期的に確認するなど、未払残業代解消のために様々な取り組みが行われています。

引き続き、未払残業代の解消に向けて、監督指導を徹底していくとのことです。

 

未払残業代の防止は正しい労働時間管理と正しい残業代の計算です。

こちらの記事で詳しく解説しております。