2月末まで延長 雇用調整助成金の特例措置

2020/11/27

雇用調整助成金の特例措置等を延長

 

12月末に期限を迎える雇用調整助成金の特例措置、緊急雇用安定助成金、

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金については、

 

令和3年2月末まで延長することに決まりました。

 

 

 

<特例内容>

 

あらためて特例内容を確認しておきましょう。

以下の内容が引き続き2月末まで延長となります。

 

1.助成額の上限額

 1人あたり日額「15,000円」のまま継続。

 

2. 解雇等をせず雇用の維持に努めた中小企業の助成率の拡充

 「一律10/10(100%)」のまま継続。

 

 

特例措置では、

以下の条件を満たす全ての業種の事業主を対象としています。

 

1.新型コロナウイルス感染症の影響により経営環境が悪化し、事業活動が縮小している

2.最近1か月間の売上高または生産量などが前年同月比5%以上減少している

 ※比較対象とする月についても、柔軟な取り扱いとする特例措置があります。

3.労使間の協定に基づき休業などを実施し、休業手当を支払っている